シアリスと精神的な影響とは

男性がEDになってしまった場合、だれでもショックを受けるものです。病院やクリニックで医師から言われたときはもちろん、行かなくてもせっくすをしていて、勃起をしないのを何度も経験するも自分でもわかるのです。そんな時のショックや精神的なダメージは、大きいものです。

精神的なダメージがさらに悪循環
EDになってしまう要因は、動脈硬化だったり、精神的なストレスからきたり、他の病気のサインだったり、薬の副作用なんてこともあります。
どれも、簡単には解決しません。
ですので、ED治療薬を飲んでもすぐに改善されないことも、よくある話です。すると、さらにダメだったと落ち込んだり、また治るのかという不安から、また勃起しにくくなる、EDの症状が重くなるといった悪循環に落ちいりやすいのです。

ED治療薬に精神安定の効果は
とはいっても今のED治療では、ED治療薬を飲む治療方法となります。薬の効果は、血流をよくしたり、勃起しにくくなる酵素の発生を阻害して、勃起しやすくさせることです。ですので、うつ病の薬のような精神安定の効果はありません。病院やクリニックによっては、ED治療薬の処方とともに精神安定の薬を処方してくださるところもあります。心理的な原因でのEDだも、このような処置も適切です。
ところが、飲んでいるとよくなるという硬貨を期待して、また治るんだと前向きになれるなど、不安が解消される、気持ちが安定するなんてこともあります。これも錯覚や暗示のひとつとも言えそうですが、病は気からとも言われてますし、先に書いた悪循環を防ぐことが、より勃起をしやすくさせるのです。ED治療には、気持ちを切り替えるなんてことも、必要不可欠です。

あと、セックスへも飲んだからやりたくなる、あれこれ試したくなるといったように、気持ちも変わってきます。これもこの薬の精神面での好影響と言えます。

EDになってしまったら、精神面でのサポートも必要です。彼女や妻といったパートナーのサポートが必要不可欠ですが、ED治療薬も実はサポートしていたということなのです。勃起ばかりに目がいきますが、やはり飲んでいる男性が明るくなってきたり、前向きになっていたりします。これができれば、ED治療も進めやすいのです。